パブリックアートのある風景 @Andaz 東京 (アンダーズ東京)

こんにちは、アート・コミュニケータのRicaです。

美術館やパブリックアートをご紹介しています。

Andaz東京(アンダーズ東京)のアートツアーに参加しましたのでホテルのパブリックアートをご紹介します。

目次

内海聖史「あたらしい水」

Andaz東京(アンダーズ東京)は虎ノ門ヒルズの地上階にあります。

1階の車寄せから入ってすぐの大きな絵にまず目を惹かれます。

こちらは正確にはAndaz Tokyo(アンダーズ東京)のパブリックアートではなく、虎ノ門ヒルズのパブリックアートです。

内海聖史さん画「あたらしい水」は5枚で1つの作品になっています。

光や自然を色彩豊かな油彩で表現されています。スペースの都合からか5つに分割されていますが、四季を表現しているように見えます。

この作品の前にいると色の世界に引き込まれますね。

内海聖史さんの作品はパブリックアートとしては虎ノ門ヒルズのほかでも見ることができます。

  • パレスホテル東京 ホテル棟・オフィス棟
  • 深川ギャザリアウエスト
  • パナソニック エコアイデアハウス
  • 東京都現代美術館

こちらもいつか行ってみたいと思います。

このアート「あたらしい水」に出迎えられて、エレベーターで51階まで上がるとAndaz東京(アンダーズ東京)があります。

永田哲也「白の蒸留箱」

Andaz東京(アンダーズ東京)のエレベーターはフロント階の51階への直通エレベーターとそのほか2基の計4基にアートがあります。

エレベーターをアートの箱にしてしまうという発想にグッときました。

通常、高層階に上がるエレベーターは、時間が緊張する長く感じられ緊張するものですが、このアートを見ていることで、いつの間にか51階に着いてしまいます。

エレベーターの箱を1つのアート作品にしている、とても贅沢なエレベーター空間です。

日本らしさと懐かしさを感じる和紙のアート    

和紙を叩き出したような手法なのでしょうか?

精巧ですが空間に対して欲張らず、余白と照明の効果も相まって、とても印象的なアートです。

永田哲也さんについて

永田哲也さんは、鯛や鶴亀、松竹梅などの縁起のいいモチーフを和菓子の木型から型取って、日本の「祝い」の記憶を和紙表現する現代美術作家です。

江戸、明治、大正、昭和と職人が技巧を凝らして作り上げてきた古い和菓子の木型に宿った「祝い」の思いを、最上級の西ノ内和紙を用いて象り、そのピースを重ね合わせて作品を作り上げます。

《引用:Andaz東京(アンダーズ東京)PDF資料》

かつて昭和の頃の引き出物にあった砂糖でできた祝い砂糖のようです。

Andaz東京(アンダーズ東京)について

Andaz東京は2014年にオープン、「Andaz(アンダーズ)」はヒンディー語で「Personal Style(パーソナルスタイル)」を意味し、革新的な発想にあふれたホテルです。

コンシェルジュの方が宿泊者向けにアートツアーをされています。

私も今回ツアーに参加して、細かいお話を聞くことができました。

2回に分けてホテルのパブリックアートをご紹介します。

 アンダーズ東京WEBサイト https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/andaz-tokyo-toranomon-hills/tyoaz

    

このブログでは美術館や身近にあるパブリックアート、休日の散歩情報などをご紹介しています。   

Twitter、Instagramでは手のひらにのる小さなアート「1枚の切手」やモダンデザイン、街で見つけたアートを投稿しています。

フォローしてくださるとうれしいです!

Twitter @postio_marche

Instagram mylittleart_studio

Share please

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる