佐藤可士和展 @ 国立新美術館

こんにちは、アート・コミュニケータのRicaです。

美術館やパブリックアートのたのしみをご紹介しています。

2021年2月3日(水)〜5月10日(月)に国立新美術館で開催された『佐藤可士和展』を観てきましたのでご報告します。

この展覧会はほぼすべての作品と会場内が撮影可能でした。

目次

佐藤可士和展

とてもよかったです!

グラフィックデザインが好きな方、広告や映画が好きな方にもおすすめです。

私はシンプルなラインのデザインが好きなので、以前から佐藤可士和さんのファンでした。

佐藤可士和とは

佐藤可士和さんは日本を代表するクリエイティブディレクターです。クリエイティブディレクターとは元は広告業界で用いられていた言葉です。広告代理店の制作部でディレクションをする役職のニュアンスで使われていました。現在のクリエイティブディレクターは、広告の枠を超えて、企業や商品のブランディングを担う職業として認識されてきました。

佐藤可士和さんは、広告や企業のブランディング、デザインディレクションを通して、「美しく伝える」こと「気持ちよい空間」を具現化してくれる人です。

佐藤可士和展の構成

佐藤可士和さんの30年に渡る活動の軌跡を空間に展開していきます。

THE SPACE WITHIN

子どものの作品と初めて社会人になってデザインした作品「6ICONS」が並びます。

 

まずここで、才能を感じさせてワクワクするのです。

ADVERTISING AND BEYOND

その先は大空間に広告代理店時代から、独立して「SAMURAI」で手がけた作品が広がります。

現在のインターネットが普及する前の平成の頃、街の中に見られた広告たちやグッズたち、ちょっとなつかしく思い出しました。学生さんもたくさん見ていましたが、新鮮に映っていたようです。

THE LOGO

佐藤可士和さんといえば、ユニクロの新ロゴが知られていますが、そのほかにも楽天、セブン&アイホールディングス、三井物産などたくさんのCIデザイン(コーポレートアイデンティティデザイン)を担当されています。

そして、この展覧会の会場でもある国立新美術館のデザインディレクションも佐藤可士和さんの作品です。

ナショナルミュージアムという固い仕事のロゴを考案するとき「新」の文字をバラすという発想、なかなか出ないですよね。

THE POWER OF GRAPHIC DESIGN

こちらは佐藤可士和さんのデザイナーとしての作品が並んでいます。

シンプルな中に意思の感じられるデザインに見入ってしまいました。

佐藤可士和展のためのワイン

ICONIC BRANDING PROJECTS

佐藤可士和さんが企業のブランディングからさらに枠を超えて、教育や文化施設、地域サービス、伝統文化に活躍の幅が広がっていった仕事が展示されています。

中でも、東京都立川市の「ふじようちえん」のプロジェクトと、三代目中村橋之助さんが、代目中村芝翫を襲名する披露公演のクリエイティブワークは、佐藤可士和さんご自身も楽しんでデザインされたのではと感じました。

成駒屋クリエイティブワーク kashiwasato.com/project/10212

UNLIMITED SPACE

会場に入ると不思議な音が聞こえてくるのですが、それがインタラクティブデジタルインスタレーション「UNLIMITED SPACE」で、固定観念にとらわれず、新しい発想や手法を取り入れていくかっこよさを感じました。

LINES/FLOW

佐藤可士和さんが取り組まれている、線だけで表現する「LINE」と動力と重力で描かれる「FLOW」が展示されていて、画家としての表現が楽しみになりました。

図録もSAMURAI=サムライ的で、とにかくカッコいい!

図録もまさにSAMURAI=士=サムライです!

真白に黒のロゴ、潔いです!

デザインはシンプルなのですが、分厚くて解説もたくさんあり力作です。価格は¥4,180と買うのを躊躇してしまうのですが、デザインを学ぶ方には、大学1単位分(=計算すると〜万円以上)の価値があると思います!

180度に開いたらもっとサムライだったな〜(こればかり言ってすみません)

佐藤可士和展・概要

会期:2021年2月3日(水)〜5月10日(月)

休館日:毎週火曜日(祝日は開館で翌日が休み)

開館時間:10:00-18:00

会場:国立新美術館 企画展示室1E

佐藤可士和展 ウェブサイト kashiwasato2020.com

国立新美術館について

  • 所在地:東京都港区六本木7-22-2
  • 交通:東京メトロ千代田線乃木坂駅 6出口(美術館直結・・と言っても裏側からのアクセスなので、7〜8分は歩きます)東京メトロ日比谷線六本木駅 4a出口から徒歩約5分・・駅の改札からだと10〜12分という感覚です。
  • 開館:2007年1月
  • 開館時間:10:00-18:00 (入館は17:30まで)
  • 毎週火曜日休み(祝日はほぼ開館)
  • 2021年2月現在は日時指定予約制です。ウェブサイトからの予約が便利です。
  • 入館料休館日はウェブサイトでご確認下さい。
  • ロッカー:コイン式(¥100コインお持ちください)
  • 駐車場:一般用なし

国立新美術館 公式ウェブサイト nact.jp

国立新美術館の2021年の予定

☆2021年2月3日〜5月10日(月)佐藤可士和展

☆2021年6月9日〜9月6日 ファッション・イン・ジャパン 1945-2020

☆2021年9月15日〜12月13日(月)マティス展

sato-kashiwa-smap

このブログでは美術館や身近にあるパブリックアート、休日の散歩情報などをご紹介しています。   

Twitter、Instagramでは手のひらにのる小さなアート「1枚の切手」やモダンデザイン、街で見つけたアートを投稿しています。

Twitter @postio_marche

Instagram mylittleart_studio

  

   

Share please

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる